スポンサードリンク

高額医療を解説について

高額医療費、高額医療制度、申請方法、確定申告・国民健康保険と高額医療、貸付制度、計算方法、出産(帝王切開など)、限度額、癌、不妊治療、歯列矯正などの情報提供サイト

高額医療を解説最新記事

高額医療の支給について

高額医療というものは、
老人にだけ適用されるわけではなく、健康保険組合に加入していれば、誰でも受けることが可能です。


では、どのような場合に支給されるかご存知でしょうか?

同じ人が1ヶ月以内に、同じ病院で限度額を超えて負担金を支払った場合には、その超えた分が支給されますが、ただ、注意しなければならないのは、それが1ヶ月以内という期間ということです。1ヶ月といっても、月をまたいではいけません。

限度額についても所得によって、総所得金額等が600万円を超える世帯である上位所得者・一般所得者・住民非課税所得者の3段階と3段階にわかれています。

また、計算する時の注意事項としては、
例えば、一人の自己負担額が、高額医療の算定基準以下であっても、同一世帯で同じ月に2人以上の自己負担が21000円以上であれば、それらを合算して請求することが可能です。

一人で一ヶ月以内に違う病院にかかり、それぞれの病院で自己負担が21000円以上あった場合においても、請求することが可能です。加えて、同一の医療機関でも診療科ごとに別々に計算・同一の医療機関でも入院と外来は別々に計算など、規定は色々あるので、注意してください。

入院時の差額ベッド代や食事代などの保険対象外のものは、負担金には入りません。

入院するとなると、負担する医療費もけっこうかかると思います。病院では、ソーシャルワーカーの方が高額医療についても、しっかりと説明してくれるでしょう。



Google